FC2ブログ
2019.02.13 アンバランス
1月12日に右目の白内障手術をしました。
手元に焦点を合わせたので、すごい近眼状態。
そのまま1カ月以上、近眼と老眼のまま、合う眼鏡も無く過ごしています。
手元を見るには右目で、遠くを見るのには左目で、と便利と言えば便利、、、"(-""-)"
外国ではこういう状態のままにしておく人もいるそうですが。

私はどうも気持ち悪い。
どちらも見えるけど、どこもハッキリ見えない。
術前にお医者さんに遠くが見えないのは不便ですよ、と言われては
いたのだけど本当に右目だけだと3m先のテレビ画面もボヤけます。
常に眼鏡を掛けていないと歩くのが怖い。

その代わり手元は片目でも新聞も書類もちゃんと見えます。
まだ明るさとかは変わらないけど、両目になると俄然違うらしい。
まあ、覚悟の上とは言え、今まで経験のない見え方に慣れるのに
しばらく時間がかかりそうです。

そんな状態で、いとこが公的な介護から有料ホームに移りました。
公的では連続でステイが難しいとか、リハビリ、医療も受けられない、
何かと私が行かないと用が足りない、と不便でした。
いばらくは今の状態が続くだろうと、いとこも覚悟を決めてホームに
移る事を決心したのです。
その前後には1日おきに私が通って居場所を移動するという、大変な
事態もあり、ホームに入居に際しての費用を捻出するのに、金融機関を
あちこち回るということもありました。

ある程度の資産はあるのですが、意外にもすぐに動かせるお金が
入居に必要な百万単位ではなかったのです。
今回のいとこの事で随分学ぶ事が多かった。
お金のこと、必要な書類の置き場所、支払いの事など、、
施設に4年いる姉の事も絡んできたので、想像以上に大変な
雑務でした。

その最中、大阪の義姉が急死して、お通夜、葬儀に行きました。
虚血性心不全らしいのですが、前からかなりの糖尿病と心疾患が
あったそうです。
旅先の温泉で倒れたので、同行していた息子は大変だったようです。
72歳でした。

Mfuji.jpg

久しぶりで新幹線からこんなに美しい富士山を眺められました。
大阪に行く事も滅多ないので、義母のお墓詣りもしてきました。

その少し前に次女の安産祈願へ水天宮にお参りに行きました。
本当はもう6か月に近くなっていましたが、なかなか予定が合わなくて
この日になりました。

suiten_2019021316564952b.jpg

お腹も少し目立ってきて、胎動もかなりあるとか。
楽しみです♪

さて、今週末16日に左目の手術です。
今回は様子が解っているので落ち着いていますが、でも
やっぱり怖いものは怖い!
やっとこのアンバランスから解放されるけど、遠くは見えなくなる。
どっちも難なく見えた45歳位に戻れたらいいのになあ、、、
それだけ長く生きて来た証拠か"(-""-)"
2019.01.02 2019 年
          pht_29.png

明けましておめでとうございます。

本年もゆるゆるなブログですが、よろしくお願いいたします。


        hagoita.png

2018.12.23 年の瀬
今年も残すところあと1週間ほど。
毎回同じ嘆きだけど、1年の過ぎ去るのが速いこと、早いこと!!

10月に父方の従姉妹から連絡があって以降、怒涛の様な出来事に
翻弄されています。
10月に久しぶりで会った時は、足元が覚束ないし、物忘れがひどくなって
自分でも怖いと言っていました。
ところが、その直後、出先で転倒して胸を圧迫骨折し、家で動くのも
ままならない程に不自由な体になってしまいました。

私も出来るだけの事はしようと思うものの、なにせ我が家から従姉妹の
家まで1時間半以上かかります。
店でも色々事件があったり、重なる時は何重にも事が重なるものです。
介護2という指定を受けたので、ヘルパーさんも入るようになりましたが、
本人も余りに急激な環境の変化に戸惑う事ばかり。

12月半ばになって、身体だけでなく認知も怪しくなり、幻視、幻覚が
強くなって「警察を呼ぶ」と言い出したので、その夜からショートステイで
施設に行く事になりました。
ケアマネさんが素早く動いてくれて、場所はちょっと離れてしまいましたが、
何とか1人で置いておくことだけ避けられたのは本当に幸いでした。

総合病院で来週にも検査をして、年明け10日に診断が出ます。
それによってこれからの先行きをきめなくてはなりません。
今の状態が続けば、自宅での1人暮らしは無理になるでしょう。

今まで、認知症で施設に4年前から入っているお姉さんの面倒を
見て来た従姉妹ですが、こうなるとそちらもどうなるのか、、、
2人とも親は勿論子供もいなくて、1番近い親戚が私なのです。

2k月程の短期間でこんなに状況が劇的に悪化するとは、最初は
まったく予測出来ませんでしたが、ギリギリの時期に私に連絡を
取ってきたのは従姉妹に何か暗示があったのかも。
幸い私はまだ何とか動けます。
少々ボケてはいるものの、何とか手助けは出来そうなので良かった。

来年早々には私が白内障手術を受ける予定なので、うまく調整しつつ
難問の数々をこなしていける、、、、、かなあ、、
5月、6月の娘たちの出産の頃には、ちゃんと目途を付けておきたいと
思うけど、長期戦も覚悟しなくては。

2019年は元号も変わるし、我が家も大きな変化がある年になりそうです。

ris.jpg

Merry christmas
2018.11.28 肥ゆる秋
自分の事以外でバタバタとしているうち、もう間もなく今年も最後の月に
なってしまいそうです。
1年の過ぎるのが早くて速くて、この調子ではいつの間にかあの世に居る
なんてことになるかも、、、"(-""-)"

身近な人に不幸があり、ちょっと心を痛め、身体も慌ただしい先週でした。
その後、ちょっと体調を崩して、めまいがしたり、風邪気味だったり、、
身も心も無理が効かなくて我ながら情けない。
でも、これから元気に戻る訳でもなく、そろそろとくたびれた身体と最後まで
付き合っていかなくてはなりませんからねえ。

夏場、少し食欲が減ったかな、と思っていたちょこさんが、またこのところ
勢いを盛り返して旺盛な食欲で、ますます体重を増やしております。
ナッツが余り卑しくないのを良いことに、2つある給餌器のエサを両方とも
食べ、ちょっと残したものをナッツが後でおもむろに食べるというのが
パターン化してしまいました。

私が家に居る時は途中で取り上げて、ナッツに食べさせるようにしているのだけど、
留守の時はほとんどちょこが食べている可能性が、、、

choco_20181128160226b52.jpg

恐ろしくて体重計に乗っていません。
ここ1年半で2キロ位太ったかも。
膝やお腹に乗ってくると、ずっしりと重さが応えます。

two_201811281602286b0.jpg

昼間はこんな位置で寝ているけれど、相変わらず絶対体が触れ合う事はなし。
ちょこのすれ違いざまのパンチとシャーと、ナッツの後ろからの飛び付きも変わらず、、
それでも同じ空間に居ること事態を嫌がっている訳ではなさそうなので、それで
よし、と思わなくちゃね。

先日、長女と孫と水天宮に腹帯を貰いに行ってきました。
戌の日だったのですが、七五三のお参りの人もいて大混雑でした。
お祓いは無しにしたので、早々に引き上げてきました。

suiten.jpg


来春は、孫が1年生になるし、新しい環境になったとたん、お姉ちゃんに
なるので、その辺の適応が上手くできるかが1番心配です。
どうなりますことか、、、
今はもうすっかり回復して元気に走り回って、よく食べて甘えるいつもの
ナッツに戻っていますが。

nut2_20181023162108db4.jpg

今月初めに、夜中からゲーゲー吐いて出すものも無くなって苦しそうでした。
夜が明けてもグッタリと言う程ではないけれど、いつもの元気は全く無くて
ジッと丸まっているしエサも食べないし、様子がおかしい。

午後から動物病院に連れていきました。
念のためと撮ったレントゲンに、針がくっきり映っていました。
胃を過ぎて腸の辺りらしい。
その晩手術をしてくれる事になりました。

前の晩、裁縫箱にある針刺しに長い糸をつけたままの針を刺しておきました。
いつも作業している私にぺったりくっ付いて横で寝ているナッツですが、
いつその箱から出ている糸に気が付いて噛んだのかまったく分かりません。
後でその糸の付いた針が見当たらない事に気が付いたのですが、どこかに
引っかかったか落ちたかだろうと、直ぐに探さなかったのです。

まったくの私の不注意で、日頃ナッツが毛糸や糸を噛んでいるのを知っていたのに、
まさか飲んでしまっていたとは夢にも思わず。
縫い針で細い針なのですが、4センチ位の長さはあったので、良く飲み込めたものだと
驚いてしまいます。
内臓を傷つけたり最悪命の危険もあったので、本当に今考えてもゾッとします。

手術は長い糸が絡んでしまっていたので、予想以上に大手術になってしまい、
4か所も腸を切ったので、1週間の入院になってしまいました。
それでも無事生還できたこと、ホントに有難く思っています。

帰宅直後のナッツ

nut1_2018102316210649a.jpg

病院でも先生や看護師さんに甘えて、可愛がってもらったようです(笑)
でも、1匹でケージに入れられていたので、寂しかったのでしょう。
家に帰ったら今まで以上に甘ったれになっています。

これからは十二分に気を付けて危ない物を晒さないようにしますが、
どうしても毛糸や綿、以外にも危ない物がありそうで怖い。
齧っているのを見つけたら、厳しく叱る積りだけど、躾は難しいんでしょうねえ。


先週、息子夫婦と葉山のショートコースに行ってきました。
息子達はたまに打ちっぱなしに行った位でコースは初めてです。
まだクラブも数本しか無くて、ルールも打ち方も全然。
それでも1度行ってみたい、ということで、平日休みを取って行ってきました。

まあ、大変!
勿論計測不能だし、ボールは何個失くしたか、、、
でもまあ最初はそんなもんでしょうからね。
私は1年以上練習してからコースに出たけど、それでも何が何だか分からなくて
ジタバタしているうちに終わった、という記憶がありますけど。

short.jpg

それでも楽しかったのでまた行きたいと言っているので、次回は息子の家に
近い方にゴルフ場が沢山あるので、私の方が出向く事にします。
私もこれからいつまでゴルフが出来るか分からない年齢になってきたので、
今のうちかもしれません。


今使っているパソコンの調子が悪くて、買い替えることにしました。
次回の更新は新しいパソコンからになりますが、設定やらなにやら全部
自分でできるかまったく自信がないので、いつになるやら、、、、

この所大きな出費が色々重なって青息吐息です。
宝くじは当たりそうもないし、、、(´・ω・`)  はぁ、、、、溜息ばかり。